薬剤師の求人に応募してみた感じたこと

薬剤師としてパート勤務

薬剤師は売り手市場チェーン展開ドラッグストアだと異動がある可能性薬剤師としてパート勤務

人手が足りていない店舗だったようでなるべく早めの就労を言われました。
その点は問題がありませんしこちらも望むところだったので、就労となりました。
正社員での採用では無くパート勤務だったことも良かったのかも知れません。
扶養には入らないでいいと伝えたので、時給での給料計算でしたが時間が比較的長いということもあって、社会保険及び厚生年金に加入することになります。
年金手帳の持参をいわれていたため最初のときに上司となる人に渡しました。
雇用保険にも当然ながら加入ですし、社会保険などと合わせて福利厚生はしっかりしているイメージです。
ドラッグストアでの調剤部門は一般のお客さんも来ますが、処方箋を持ってくる患者さんがメインで対応します。
ただ登録販売者の人から応援のヘルプが来たりすることもあって、調剤が余程忙しくない限りは説明をするケースもまれですがあります。
ただその頻度はそれほど多くはありません。
登録販売者の人もこちらも同じ釜の飯を食べている者同士ですから、よほど多忙なタイミングを除けばできる限り応援はするようにしています。
このことは最初の説明でもなされていて、なるべく応援をして欲しいという指示があったことも影響していると考えます。